日別: 2018年3月1日

動かなくなったバイクの買取について


査定長年乗らずに放置していたバイクを処分しようと思い立った時、エンジンがかからなくて驚いたという経験がないでしょうか。買取を考える際には、エンジンがかからない、動かないということが致命的な欠陥になることがあります。そのままの状態で査定に出すと、高い確率でマイナス査定となることがあるでしょう。中古バイクの買取は、買取後のメンテナンスを行った上で再度販売することを目的として行われるものです。したがって、現車確認では実際にエンジンをかけてバイクの状態をみることで買取額が最終決定することとなります。動かないバイクの場合は査定不能となるため、買取額が付かない場合もあります

エンジンがかからない状態では査定ができないので修理をしてから査定に出すという方法もあるでしょう。1000円程度のメンテナンスやバッテリーの交換などで済むのであれば、査定してもらえるように事前にメンテナンスしておいた方がいいでしょう。しかし、買取してもらうために高い修理代を払っていては元も子もなくなってしまいます。買取をあきらめて廃車処分をするのにも費用は必要であり、手続きもしなくてはなりません。

バイクの買取専門業者は、再販が可能なバイクの買取に重点を置いています。そのため、メンテナンスがほとんど必要のない人気のメーカーのバイクなどは高く買い取ってくれます。しかし、ニーズによっては修理してでも再販することで利益が出ることがあるため、壊れたバイクであっても買い取ってメンテナンスして販売するということも少なくありません。また、パーツなどによっては市場で手に入らないものもあり、動かないバイクであっても価値が見いだせることがあります。そんな動かなくなったバイクの買取について説明します。